レジオネラ属菌の集団感染による肺炎で重傷者拡大のニュース

広島県は25日、同県三原市の日帰り入浴施設を利用した30~80歳代の男女計40人が、レジオネラ属菌が原因とみられる発熱や肺炎などを相次いで訴え、このうち県内の50歳代男性が同日亡くなったと発表した。

レジオネラ症とは何か?

国立感染症研究所  によると、元々自然界の土の中や、水に普通に存在する菌で

レジオネラ属菌を含んだエアロゾル(=霧状の水)を、口から直接吸い込むことで感染します。

免疫力が低下している時には、急激な肺炎になったり、熱が続き重症化するときもあります。

 

どこで感染しやすいか?

循環させる水の環境で 菌は増殖しやすいようです。
水を循環させると次第に水あかのようなものが生じます。バイオフィルムと呼ばれます。
その中に菌は守られて、増えていくのです。

温泉入浴施設ではお水を節約するために、循環させています。埋設された見えない配管の中では汚れが溜まります。
特にジャグジーなどの泡風呂、などは水蒸気を吸いこみやすいです。公共のお風呂だけではなく
少し前に流行った家庭用24時間循環風呂でも汚れは溜まりやすいです。さらに家庭用追い焚き機能風呂釜も汚れが溜まりやすいです。
夏場によくみられる広場の噴水では、溜まった水を噴水させている場合コケ臭いニオイがするようであれば近づかない方が無難でしょう。

対策は?

水を換え、清潔に保つしかありません。見えない配管は、除菌するしかありません。
入浴施設では、今回のように集団感染する危険性が高いので水質チェックすることは義務付けられています。

でも自宅ではどうでしょう。家庭にはそんな水質を義務付ける法律はありません。

集団で症状が出るなら 感染源を特定できるかもしれませんが
自宅のお風呂で感染しても 感染源の特定は難しいでしょう。(食中毒と食あたりの関係に似ていますよね)

でも毎日入るお風呂がの配管が、ドロドロの湯ドロで詰まっているとしたらきれいにしておきたいものです。

 

追い炊き、ジャグジー配管から出た 湯ドロ