2017/3/24 浴室黒カビ雑菌対策にお伺いいたしました。

くらしのマーケット クリーンハンター鳥山ブログ にも記載しています。ご覧ください。

 

黒カビの根源は 天井換気扇

浴室の黒カビの元凶は 天井換気扇の 清掃不足です。

  

なかなかここまで換気扇の中に カビが生えているケースはありません。

  カビが発生する4条件とは?

  1.適度な温度があること(10~35℃前後)
  2.栄養分があること(有機物でホコリ、チリ、あかなども栄養素となる)
  3.水分がある(湿気と言う方が適している)
  4.酸素があること(呼吸、発酵に必要)

見事に 浴室の換気扇には この4条件が はまってしまいます。原因を取り除かなければ カビは再発生します。

黒カビの根源2は 浴槽目かくしの裏

浴室の黒カビの元凶2は、浴槽目かくし 通称エプロン裏 浴槽下のお掃除不足です。

目かくしの裏は、人の目が届きませんから どうしても汚れが溜まりがちです。

ここは浴槽の お湯を捨てるとどうしても お湯が溜まります。排水溝を掃除していないと 詰まったお湯が カビやぬめりの原因になります。

定期的にお掃除が必要な箇所ですね。見えないところにこそ 気を配りたいものです。

黒カビの原因3 浴室の扉 

よく見落としがちなのは、浴室の扉です。折れ戸の下。折れ戸の根元。にホコリやゴミが溜まっています。

シャワーのお湯がかなりかかる場所なのに 手入れが難しく放置されている箇所です。

 折れ戸の下に スリット(通気口)があります。

この通気口に溜まったホコリが掃除されていないことが多いです。ここも死角ですからどんなにお掃除好きな方でも 見落とされています。

空気の入り口ですからここに カビがいますと 浴室内にカビが生じるのは 必然です。

サッシブラシ等 長めの毛先のブラシを使い 水洗いで落としていきます。折れ戸を外せる自信のある方は外して丸洗いしましょう。