2016/03/29 持ち家一戸建てのお客様の風呂釜配管洗浄 PROの施工に行ってまいりました。
お話をお伺いしていた際は、追い焚き配管はしていない 高温さし湯タイプとお聞きしていました。
お風呂もとてもきれいでしたし、浴槽をひっくり返せない構造でしたので お掃除内容が限られる
お宅と思いましたが、浴槽のエプロンを外してみますと

循環金具には 2本の 配管(銀色のフレキ管)が来ており 追い焚き配管だということが分かります。

s_2016-03-29 13.38.32 (2)

2種類の洗浄剤と マイクロバブルを用いて 7工程で 配管を洗浄していきます。

s_2016-03-29 14.20.22 マイクロバブルに 包まれて 配管内の汚れが出ました。

s_2016-03-29 14.33.04排水していきますと 浴槽に汚れが付きました。
この汚れは、皮脂などの汚れで バター状のねっとりとした ものです。

この汚れの中に 様々な 雑菌が包み込まれています。

 浴槽内を 洗い流し 配管内の洗浄剤の残りを すすぎます。

s_2016-03-29 13.39.49

この排水ボタンのタイプは、浴槽をひっくり返すことができません。また浴槽の縁はコーキング
してありましたので浴槽下に水が浸入する形跡がほどんどなく 汚れは排水キャップの周りに少し
見られるだけでしたので 塩素をしみこませた布でのふき取り清掃いたしました。