今回は、エアコン洗浄 1台の施工でした。

今回のお困りごとは、赤ちゃんの健康を考えてのご依頼でした。

お二人のお子さん がいらっしゃいました。生後数か月の 赤ちゃんの咳が止まらなくて

救急で運ばないといけない状況の中 エアコン洗浄 の作業も入り

お客様も、私も焦っていました。

 

エアコン洗浄は 無事に終了し 組み付けし お急ぎのお客様に 引き渡そうとすると

風の吹き出し口から 水が ポタポタ。止まりません。今回はまだ新しい機種でしたので

ドレンパンは外さずに 洗浄施工でした。私は触っていないところから 水漏れです。

 

慌てました。とにかく 病院に急いでいただき 私たちは 水漏れ対策をすることになりました。

でも一向に 水漏れは止まりません。予想外の所から水漏れしています。ご主人が病院からひとまず

戻られますが、まだ治っていません。もう今日は、お手上げです。

 

不幸中の幸いなことに 今回の機種は 私の自宅のエアコンとまったく同じ機種です。

それで作業を 中断し ひとまず帰ることにして、

損害保険屋さん。Panasonicに尋ねることにしました。でもすぐには対応は難しい様子。

 

それで 自宅エアコンのドレンパンを外し 探ってみることにしました。でもわかりません。

私の部屋のドレンパンは新品同様。それで日曜日に再度お伺いするときに まだ水漏れしているなら

我が家のドレンパンと交換する覚悟で行きました。

 

さて3日経って、運転開始。20分経過 。水漏れしません。????

調査したところ、洗浄後の乾燥が不十分で 羽、フィンに残っていた水滴がまだたくさんある中

冷房試運転したため 水が飽和状態になり あふれ出たためと分かりました。

このエアコン。送風が無いのよね。 恐らく 一刻も早く 引き渡そうと焦るあまり

乾燥不十分なまま 組み付けし 試運転 。水漏れの構図だったことが分かりました。

 

今回の教訓 洗浄後の 乾燥は念入りに。でした。

勉強になりました。