シャープ AC-D63ATC 2014年製
パナソニック CS-401 CXR2-W 2011年製

今回のご依頼は 上記2機種です。

シャープ製の分解は 一番難しいとよく言われていますが、今回は新しい機種で分解のしやすさが
改善されていたように思います。

パナソニックの組み付けの方が、うまくはまらず 時間がかかりました。
プラスチック製品の かみ合わせで チリと言われている部分です。配線がこのように複雑で
束ねると厚みがあるのでケースの中に 収めるのが難しいからではないかと思われます。

掃除機能付きエアコンは、このような基盤のコネクター配線を一つ一つ外していかなければいけないので
時間と、手間がかかります。

s_IMG_0192

 

 

 

シャープ フィルター

s_IMG_0178s_IMG_0179s_IMG_0180

 

お掃除機能付き製品 やっぱり 汚れは取れていませんね。
フィルターお掃除機能付きと謳われていますが 肝心のフィルターがほこりまみれです。

そして 白く カビたようになっている 部分は ブラシが 収まっている部分ですが
説明書では、「ここはお客様が定期的に 分解して清掃してください。」と書かれています。
でも 消費者は この清掃が できないから お掃除機能付きを 購入しているのに
余計に 手間が 増えています。フィルターの目も細かいので 掃除機で吸っただけでは取れなくて
水洗い必須ですし 大変です。

パナソニック フィルター

s_IMG_0183   s_IMG_0184

こちらも 細かい汚れが 取りきれず ゴミを集塵して 排出する パイプが目づまりしていました。

これだけの 機能なら 既存の 手でフィルターを 引き出して 掃除機で 吸う方が よほど
きれいに取れます。

さて内部の 汚れですが 今回の機種は (シャープ)
まだ新しいですので そこまで 汚れていませんでしたが 御覧の 汚れ方でした。

どす黒く 汚れてはいませんが 底は見えません。 2年間でこの汚れです。

お子さんに この汚れの空気吸わせたいですか?

s_IMG_0181

全メーカー 多機能すぎて 機能不全