本日も お掃除機能付き エアコンでした。今回はダイキン製。

s_IMG_0207 (1) カバーを開けて フィルターを 取り出してみますと フィルターが
よじれて お掃除機能 が役目を果たしていませんでした。

リビングにあるためか 細かいフィルターには 油汚れが びっしり。油汚れ洗剤と共に 洗いました。

s_IMG_0209  こちらは 吹き出し口から見た カビの汚れ

お掃除機能が 付いていても ここは お掃除の手が 届きません。

市販の エアコンスプレーも ここには 何も できません。

一番 カビが 発生し 人間に 害が直接 及ぶ カビの生息地は ここから 奥へと続く部分です。

s_IMG_0219

今回も 細かい配線を外して 自動お掃除ユニットを
取り外していきます。

 

s_IMG_0221  今回の 汚れはこちら。黒い汚れです。

空気中には、様々な バクテリア ウィルス 水蒸気 揮発油 など目に見えないものが
浮遊しています。それらを栄養源にして エアコン内の 結露水による 湿度という カビには
抜群の環境で カビは増殖を続けます。 こんなに 汚れた 空気を 赤ちゃんに吸わせたくは
ありません。

人の目に見えないものにこそ 真実が隠されています。

あなたは それに向き合いますか?目を背けてしまいますか?