なぜ お風呂の雑菌が注目されているのか?

昔に比べボタン一つで
お湯が沸く便利なお風呂。

でも同時に心配なことも
それが『追いだき配管の汚れ』です。

ふろ自動ボタンのお湯は、
新しい水道水を温めているので
安心なのですが

追いだき」は、お風呂のお湯を循環させて温めます。


私たちの体から出る汗や皮脂、垢が溶け込んだお湯が

何度も何度も循環されます。

この循環するお湯が雑菌の栄養源になるため、

どうしても雑菌が増えてしまうのです。

雑菌はすべて悪玉なの?

私たちの生活には菌が欠かせません。

イースト菌、納豆菌、麹菌、しいたけ菌、乳酸菌

私たちの食生活を豊かにしてくれる菌です。いわゆる善玉菌です。

それに対し、人間に害をもたらす菌も存在します。

サルモネラ菌、病原性大腸菌、コレラ菌などがよく知られています。

だからと言ってすべての菌に過敏になる必要はありませんが

免疫力が低下している時には、どうでしょう。

抵抗力がないためある種類の菌に、負けてしまうかもしれません。

● 高齢者

● 産まれたての赤ちゃん

● 放射線治療など闘病中の方

● アレルギー疾患

● 皮膚疾患のある方

はリスクがあるのではないでしょうか?

お風呂にお湯を入れっぱなしにすると
 雑菌はどれくらい増える?

実際に、風呂水の細菌数を3家庭で調べてみました。

3人家族の場合

●入浴前   40個

●入浴直後  360個

●一晩放置  290,000個  なんと7000倍です

07


細菌数:1mL当たりの細菌の個数。培養検査によって算出。
(衛生微生物研究所のホームページより)

入浴前の菌数は1mL当たり数十個程度だったのが、

入浴後は数百個から数千個になりました。


5人家族なら 一晩で 

15000倍です。

風呂水の菌数は一晩放置すると、
約15,000倍に増加!

風呂水の細菌の多くは人と共生関係にあったものですので、

通常はそれらで病気になる心配はありません。

とはいえ、残り湯を放置すれば細菌に大量増殖の場を

与えることになり衛生的とはいい難いため、

風呂水はできるだけその日のうちに利用し、

貯め置かないようにしたいものです。

お風呂の水を毎日捨てていれば問題はないのでしょうか?

お風呂のお湯を捨てた後、風呂釜配管に残った残湯を調べてみました。

浴槽のお湯ほど爆発的に、増えることはありませんが

残った残湯も同様に、雑菌の数は増えています。

12


(イメージ図 ジャバ ホームページより)

お風呂と 給湯器の間はマンションの場合 往復10m以上になります。

雑菌は、長い長い配管の中で増え続けるのです。

リスクの高い菌とは何か?

浴室内で繁殖する細菌で最もリスクの高い菌はレジオネラ菌です。

毎年のように「温浴施設でレジオネラ肺炎に感染して高齢者が死亡」

というニュースが流れますが、それがレジオネラ菌によるものです。

レジオネラ菌は土の中や公園の噴水など、どこにでもいる細菌です。


(レジオネラ菌拡大図)

もちろん、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌なども危険です。

黄色ブドウ球菌は、アトピー性皮膚炎とも関連づけられることが
あるので、アトピーでお悩みの方はこの菌に接しすぎるなら
症状が悪化しかねません。

レジオネラ菌って何?

02

国立感染症研究所による説明では

レジオネラ属菌は、もともと土壌や水環境に普通に 存在する菌である。 しかしながら、快適な生活や水資源の節約のため、 エアロゾルを発生させる人工環境 (噴水等の水景施設、ビル屋上に立つ冷却塔、 ジャグジー、加湿器等)や循環水を利用した風呂が 屋内外に多くなっていることなどが,感染する機会を 増やしているものと考えられる。

この循環水を利用したお風呂が

追いだき 機能です。

レジオネラ菌の特徴として

病原体に曝露された誰しもが発症するわけではなく、 細胞内寄生細菌であるため、 細胞性免疫能の低下した場合に肺炎を発症しやすい。

基本的には、健康であれば危険という訳ではありません。


でも、抵抗力の弱い小さなお子様ご高齢者様は重要視する必要があります。

まず問題になるのが、銭湯などの

入浴施設の循環型設備。

よく水質検査を係の方がされていますよね。

こちらは法律が決まっていて、問題が

あると行政処分や営業停止等

厚生労働省が厳しい指導をしているからです。


でも家庭はどうかというと、ここには

何の法律も存在していません。

実は、ほったらかし

気化式加湿器や24時間風呂・給湯器・

循環型浴槽が不衛生だと

レジオネラ菌の発生源になってしまいます。

03

この様にレジオネラ菌が浴槽や加湿器
から繁殖しているなら。怖いですよね。

レジオネラ菌の生命力

レジオネラ菌は、自然消滅する事はありません。

何故かというと、微生物の

バイオフィルムに寄生して守られているからです。



(バイオフィルム イメージ図)

入浴施設等では、塩素系での消毒はしていますが、
バイオフィルムに包まれて
完全に除去するのは大変難しいみたいです。

04

洗浄をした後の浴槽・配管でも継続して洗浄をしなければ、
約3日から1週間で生物膜が復活して、
レジオネラ菌が発生する事も確かめられています。
※写真は配管内洗浄から採取されたバイオフィルムです。

レジオネラ菌はどのように感染するか?

レジオネラ菌は、バイオフィルムに
潜み周りから守られながら繁殖し、
やがてその細胞を破壊して
水中に放出されます。

そのレジオネラ菌に汚染されたお湯の
湯気を吸い込む事で感染します。

もしレジオネラ菌を、吸い込んでしまっても
健康体であれば問題も無いのですが、
病気中で体が弱っていたり、
小さなお子様だったり、
ご高齢者であると危険性が
高まるという事です。

また、女性の方は
デリケートゾーンへの雑菌の侵入も
注意して頂きたいと考えます。

もしレジオネラ菌に感染すると、どうなるか?


代表的な感染症

レジオネラ肺炎
潜伏期間:2日~10日
症状:頭痛・筋肉痛・食欲不振・咳・38度以上の高熱
悪寒・胸部痛・呼吸困難・下痢・意識障害
※症状が悪化すると、死亡する事もあります。(死亡率:15%~30%)

ポンティアック熱潜伏期間:1日~2日
症状:発熱・倦怠感・頭痛・咳

※発病率95%・軽度の症状で数日回復にかかる。
集団感染でないと発症源が分かりずらい病気

◎風邪だと思っていても実際は、
ポンティアック熱だったって事もあるかも。

代表的な感染症例

08

事故報告を抜粋しましたが、実際に起きている事象なので、
起こらないと言う保証は無いという事です。

皆様のご家庭でも一度この問題に
触れてみてはどうでしょうか?

空気清浄機に付属する気化式加湿器

加湿器も要注意なレジオネラ菌

加湿器はお部屋に潤いを与える為に、
現代の住宅に必要不可欠な商品です
が、レジオネラ菌が繁殖してしまい、
空気感染する事も多くなっています。 

特に気化式・超音波式・遠心噴霧式
なのど加湿器だと、
タンクに水を
入れっぱなしの状態や、
不衛生な状態が続いてしまうと

レジオネラ菌が繁殖して
空気中にばらまいてしまいます。

反対にスチーム式の加湿器だと、
一度高温まで温めて噴霧するので
安全だと言われています。

レジオネラ菌は60度以上の水
では生息出来ないからです。
 

スチーム式でないご家庭は、
水を入れっぱなしにせずに
小まめに加湿器の噴霧口や
タンク・水が通る配管
フィルターを洗うことです。

これが何よりの対策となっています。

お風呂のレジオネラ菌対策

追い炊き付きのお風呂や、
気泡発生装置・ジェット噴射式
ジャグジーやジェットバスを

お使いのご家庭はこの水蒸気を
吸いやすいと言えます。


10

強制循環式(1つ穴)

浴槽に、フィルターのついた穴が
1つ開いているタイプ。

浴槽から離れた場所に追いだきの
配管を
設置できるのが特徴です。

図のように、内部で管路が2つに
分かれており、
ポンプの力で
浴槽のお湯を送り、
ボイラーで
温めて浴槽に戻します。

循環する湯の流速が速いので、

汚れはつきにくいといわれていますが、

配管が長いため、雑菌などが
繁殖しやすく
なっています。

11

自然循環式(2つ穴)

浴槽に穴が2つ開いているタイプ。

浴槽の近くに追いだきの配管が
あるのが一般的です。

下の穴から冷たい水が釜に入り、
温められて上の穴から出てきます。


お湯がゆっくり循環するので、
汚れが釜にたまりやすい
特徴が
あります。

お風呂を沸かしたときに、湯アカが
塊になって出てくることに気付いたら、
釜の中はかなり汚れています。

汚れは雑菌のすみかです。

14
15

築年数が増えるに従い

配管の中の雑菌の数は、
上昇していきます。

どうすればレジオネラ菌を発生させないようにできるのか?

レジオネラ菌は、バイオフィルムに
守られて
棲息しているとお伝えしました。

バイオフィルムとは何か?
もう少し調べてみましょう。

三井農林株式会社MMID 麻布大学生命・環境科学部 古畑勝則准教授
衛生微生物講座から教えていただきましょう。

「バイオフィルム」という単語を見聞きしたことが あるでしょうか?

耳慣れない方も、浴室や洗面所、台所などで、 ヌルヌルした物体を一度は、見たことがある と思います。

「バイオフィルム」という表現だけでなく、

つまり微生物のおうちです。

最近では洗剤などのコマーシャルの中で 「ヌメリ」という表現も使われています。 また、ある分野では「スライム」と 称されているかもしれません。 これらはみな同じ現象で、 その主役は微生物です。

バイオフィルムを除かなければ、レジオネラ菌を退治できません。

どうすれば退治できるのでしょうか?

バイオフィルムが熱や薬剤に対して抵抗性を示すことは 多数報告されており、 試験管の中で人工的に培養した浮遊細菌から得た知識は バイオフィルムに対しては通用しません。 例えば、浮遊細菌であれば短時間で死滅してしまう ような濃度の塩素水をバイオフィルムに接触させても、 塩素濃度はバイオフィルム表面近傍から急激に減少し、 心底部では塩素の殺菌効果がほとんど期待できない ことが明らかとなっています。つまり、 強固に付着したバイオフィルムを物理的な作用を併用 せずに薬剤だけで完全に除去することはできず、 バイオフィルムが成熟してしまう前に 定期的に洗浄殺菌を行なうことがバイオフィルムに よる汚染を防止するためには不可欠であるといえます。

つまり 薬だけでは退治できないのです。


そして定期的に洗浄殺菌をしなければなりません。


つまり、最も良いのは1ヶ月に1回、定期的に市販の洗浄剤


(ジャバ、オキシクリーンなど)でおいだき配管内を洗浄し、

バイオフィルムを作らせないことです。

ただ、市販の洗浄剤だけではどうしてもバイオフィルムが

取り切れませんし、面倒なのでやらない方も多いです。


 

そこで、大掃除と同じように、

少なくとも年に一回は

おいだき配管の「大掃除」をして、

より安心してお風呂に

入っていただきたい 

というのが当店からのご提案です。

関西でお風呂の雑菌が気になったら

風呂釜洗浄のプロにお気軽にご相談ください

クリーンハンター.com では神戸を中心に
関西エリアで、風呂釜や浴槽裏など
ご家庭ではお掃除が難しい部分を
プロのテクニックによる洗浄・
除菌サービスをご提供しております。

風呂釜や浴槽の気になる雑菌について、
洗浄のプロが分かりやすく解説、
アドバイスいたしておりますので、
ぜひお役立てください。

追い焚き機能のあるお風呂では、
皮脂汚れや毎日のお体の汚れが
お風呂のお湯を通じて循環してしまいます。

風呂釜内に溜まった汚れが雑菌として繁殖し、
お風呂のお湯に混ざるリスクもございますので、
リスクが気になる追い焚きのお風呂は
風呂釜洗浄をすると安心です。

当店では風呂釜洗浄で除菌を行い、
ご家族の毎日の入浴に安心の環境を
整えさせていただきますので、
お気軽にお問い合わせください。