洗濯槽のワカメ汚れを撃退!!真の洗濯機の掃除術

洗濯機の簡単なお掃除術の紹介と、実はそれだけは全く取れていない真実をお伝えいたします。

綺麗に見える洗濯機。でも乾いた洗濯物を見るとピロピロしたワカメのような汚れが。
せっかく洗ったのに。一つ一つ除いてもキリがありません。

どうしたら良いのでしょうか?

今回は、お伝えするのは
● 洗濯槽になぜカビや汚れがつくのか?
● 洗濯槽の洗浄はいつ、どのくらいの頻度で洗うのが良いの?
● 洗濯槽の洗浄剤の使い方
● 洗濯槽の汚れの実態
● 洗濯槽分解洗浄について
● 風呂の残り湯を洗濯に使うとどうなるのか?

● 洗濯槽になぜカビや汚れがつくのか?

洗濯槽の裏には、溶け残った洗剤(石鹸カス)人間の皮脂汚れや
柔軟剤の成分に泥や衣類の繊維などのホコリが付き
それにカビなどが付着します。

残念ながら、皮膚に敏感な方がこだわって使われる
洗濯石鹸を使われる方ほど、カビの繁殖が強いと私は感じています。
(粉石鹸が十分に溶け切らないことに原因があるように思えます)

● 洗濯槽の洗浄はいつ、どのくらいの頻度で洗うのが良いの?

洗濯機は毎日使われる方がほとんどだと思います。

洗濯槽洗浄剤は、一月に1回をお勧めいたします。

水アカの付着は、1ヶ月もあれば十分です。

● 洗濯槽の洗浄剤の使い方

洗濯槽洗浄剤は、数多くあります。

塩素系漂白剤、粉末酸素系漂白剤、液体酸素系漂白剤です。

オススメは 粉末酸素系漂白剤で、過炭酸ナトリウムと言います。

過炭酸ナトリウムは40℃以上のお湯で最も効果が現れます。
(上限を48℃にいたしましょう。高すぎると洗濯槽を痛めます)

水位上限までお湯を満たし、10Lあたり100g を目安に粉を入れて
2〜3分撹拌します。停止後 1時間〜1晩ほど放置します。

過炭酸ナトリウムには発泡作用があり、泡の力で汚れを浮き上がらせます。

浮いてきたアクのような汚れをゴミ取りネットですくい取り

その後は、洗濯フルコースで洗います。

毎月この作業は行うことをお勧めします。でも残念ながら

● 洗濯槽の汚れの実態は?

洗濯槽洗剤が届かないところがあるのです。

中フタの裏側
洗濯機の中フタ表面

洗濯槽洗剤で99.9%除菌はありえません。

Panasonic  NA-FS80H5  eco -wash 8キロタイプです。

洗濯機のおもて面を開けますと、中フタが見えます。

脱水時に洗濯物が飛び出ないようにするために、大事な部品です。

でもこのフタの裏側は、このようにカビだらけです。

まずここは、決して洗濯槽洗剤が届かない場所です。

洗濯機 プロペラの汚れ

 

パルセーターと呼ばれるプロペラ表面です。
プロペラの裏側です。毎月洗濯槽洗剤で除菌していてもこのカビです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯槽洗剤では、このようなフタの裏側まで漂白はできません。

柔軟剤を多用していると、汚れに粘りがあり薬品だけでは取れません。

外して洗ってあげる必要があります。

洗濯槽の汚れです。

 

洗濯槽の上部にカビが見えます。洗濯槽洗剤では水位を名いっぱいあげてもここまで薬剤は届かないためです。
洗濯槽の裏側です。プロペラだけではなくこの裏側にもカビや汚れが付着します。 穴がたくさんあり落とすのが大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯槽を特殊な工具で引き抜きます。

実は、この作業が最も大変です。

引き抜きますと、カビや雑菌がへばりついた洗濯槽が見えます。

ホコリを受ける部品の裏側もカビだらけです。

こちらのご家庭は、毎月洗濯槽洗浄していましたが

全然取れていませんでした。

ホコリキャッチャー裏側
洗濯槽受け皿 洗浄後
洗濯槽裏側 洗浄後

 

 

 

 

 

 

 

洗濯槽受け皿 の上まで洗剤は絶対に届きません。

白い円柱状の受け皿よりも水が溢れると、床は水浸しになってしまうからです。

水道水にも菌は残存しています。

私たちの生活から、菌を滅菌することはできません。

でも放置しているなら、害となる菌は増殖していきます。

そして菌の栄養となるものを使用し続けるなら、

菌は繁殖スピードを加速させます。

風呂の残り湯を洗濯に使うならどうなるか?

お風呂の残り湯は、私たちから溶け出した皮脂汚れ、

デリケートゾーンから溶け出した汚れがいっぱいです。

横浜市水道局が調べたデーターです。

1000倍に菌の数は増殖します。

お風呂のお湯に含まれる雑菌の増殖数を示すグラフです。

風呂の残り湯を洗濯に使うと、洗濯機のカビに餌を与えているようなものなのです。

これは、お風呂の追い焚き配管も同様です。

洗濯機にへばりつくのと同じ種類の汚れが配管に付着しているのです。

私たちに見えない汚れは、家の中に潜んでいます。

あなたは、どうされますか?

 

縦型洗濯機分解洗浄は  16000円

■ドラム式は承っておりません。
■ビートウォッシュ +3,000円 (7kgまで対応)
■縦型 乾燥機付き洗濯機 +2500円
■洗濯機に乾燥機ラックが付ている場合 +3,000円

google map で口コミを書いてくださる方に
お楽しみなサービス実施中

お客様からのお言葉 くらしのマーケットより

★★★★★ 5.0 気持ちがすっとしました。

2人目が産まれ、なかなか掃除に手が回らなかったので今回初めてお願いしました。
とても丁寧に作業をしてもらい洗濯機はピカピカになり気持ちがスッとしました。

こちらからの質問にも丁寧に答えてくださり、
洗濯機以外の掃除のアドバイスもしていただきました。
作業音が大きかった時は「赤ちゃん起きないですか?大丈夫ですか?」と
気にしてくれていたのも嬉しかったです。

ホントに安心してお任せできると思ったので、
次回は風呂釜やエアコンをお願いしようと思っています。

>こちらこそ、お世話になりました。
洗濯槽と同じ汚れが、風呂釜配管の中に溜まっています。
浴室の排水溝のヌメリよりも強い雑菌が追い焚き配管には
潜んでいる測定結果もございます。ぜひよろしくお願いいたします。